メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

「熟語の構成」を攻略しよう

問題:次のア~コの熟語が、(1)~(5)のうちのどの構成に当てはまるか答えなさい。

ア. 未定 イ. 投球 ウ. 動物 エ. 苦楽 オ. 巨大

カ. 両親 キ. 計測 ク. 退場 ケ. 明暗 コ. 不在

(1)一つ目の漢字が動作や作用を、二つ目の漢字がその対象を表している

(2)一つ目の漢字が二つ目の漢字の意味を詳しく説明している

(3)一つ目の漢字が二つ目の漢字の意味を打ち消している

(4)対になっている漢字の組み合わせ

(5)似た意味の漢字の組み合わせ

さて、こういったタイプの問題は小学生が躓きやすい問題です。一つずつ見ていきましょう。

(4)と(5)については、さほど難しくはないと思うので、先に探してしまうのが吉です。

→(4)エ. 苦楽、ケ. 明暗

→(5)オ. 巨大、キ. 計測

(3)に関しても、「不、非、無、未」といったキーワードを見つければOKです。

→(3)ア. 未定、コ. 不在

 

さて、ここまでは自力でいけるけど、(1)と(2)の見分けがどうにも……という人も多いのでは?

残っているのは以下の4つです。

イ. 投球 ウ. 動物 カ. 両親 ク. 退場

それでは、これらの熟語それぞれの後ろに「する」をつけてみてください

イ. 投球する ウ. 動物する カ. 両親する ク. 退場する

すると、「投球する」「退場する」は違和感がないのに対し、「動物する」「両親する」は明らかにおかしいですよね。

このように、「する」をつけても問題ない熟語こそが(1)そうではないものが(2)に該当します。

これは、(1)に該当する熟語が「投球→球を投げる」「退場→場を退く」と動作を表すのに対し、(2)に該当するものは「動物→動く物」「両親→両(方)の親」と言った具合で名詞としてのはたらきをしているためです。

 

これを覚えておけば、厄介な国語のテストを乗り切れるかも!?


無料体験学習の
お申込はこちらから

進学塾CUBEでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る