メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

中1で英語の基礎知識

<h3><span style=”background-color: #ffff00;”>名古屋市熱田区西郊通りの個別指導塾</span></h3>
<h3><span style=”background-color: #ffff00;”>「個別指導のキューブ」</span></h3>
<h3><span style=”background-color: #ffff00;”>日比野校の塾長安達です。</span></h3>
&nbsp;

今回は中1での基礎知識確認をしてみましょう。これから出てくるものは覚えてくださいね。

短縮形:短縮形にするとどうかわるかを覚えていますか?

I am ⇒ I’m   that is ⇒ that’s  it is ⇒ it’s   she is ⇒ she’s

we are ⇒  we’re    your are ⇒ you’re  they are ⇒ they’re  here is ⇒ here’s

who is ⇒  who’s  what is ⇒  what’s    how is ⇒  how’s   where is ⇒  where’s

do not ⇒  don’t    does not ⇒ doesn’t  did not ⇒ didn’t   can not ⇒ can’t

覚えておきましょう。

次に

ing形の作り方です。

ふつうはそのままingをつける       play⇒playing  speak⇒speaking

発音しないeはeをとってingをつける    use⇒using   write⇒writing

短母音+子音字は子音字を重ねてingをつける run⇒running  swim⇒swimming

これも覚えておきましょう。

 

あともう一つ

動詞の(e) s刑の作り方

ふつうはSをつける       speak⇒speaks   use⇒uses

o,x,sh.ch,ssなどはes       go⇒goes   watch⇒watches

子音字+yはyをiに変えてes  try⇒tries  study⇒studies

 

最後に動詞の過去形ですがこれは規則動詞と不規則動詞があるので代表的なものを今日はあげておきます。

規則動詞は原形の語尾に(e)dをつけます。

play⇒played   listen⇒listened   love⇒loved   use⇒used   study⇒studied

不規則動詞は不規則に変化します。

come⇒came   go⇒went   get⇒got   find⇒found   have⇒had   make⇒made

run⇒ran   write⇒wrote

不規則動詞についてはタイミングを見て現在形、過去形、過去分詞やing形でどうかわるかの早見表で説明しますね。

上記内容はきっちり覚えましょう。

では、さよなら、さよなら、さよなら。

&nbsp;
<h4><span style=”background-color: #00ffff;”><a style=”background-color: #00ffff;” href=”https://www.cube-jyuku.com/” target=”_blank” rel=”noopener”>「個別指導のキューブ」をホームページで詳しく見る!</a></span></h4>
<h4><span style=”background-color: #00ffff;”><a style=”background-color: #00ffff;” href=”http://line.me/ti/p/%40dcj5001z” target=”_blank” rel=”noopener”>LINEで質問・問い合わせをしてみる!</a></span></h4>
&nbsp;


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る