メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

久しぶりに・・・

個別指導のキューブ緑中央校の小林です。

久しぶりに自己紹介をしたいと思います。

この本がぴったり?!な、緑中央校を担当している小林と申します。

好きなことは音楽鑑賞です。

学生時代は、吹奏楽部にのめりこんで毎日練習していました。

担当楽器はホルンです。(理科の教科書や便覧に載っています)

好きな色は、もちろん緑色です。(中学生の頃、筆箱の中に緑色のペンが何種類も入っていました!)

 

 

さて、中学3年生は夏休みも終わり、受験が近づいてきています。

「なんとかなる」「直前にがんばれば大丈夫」

そうはいきません。

入試はこれまでの学習内容が関わります。

中学1・2年生の内容が70%と言われています。

しかし、中学1・2年生の内容も、小学生からの学習内容が理解できていなければ、それも理解できません。

 

 

某先生が「今でしょ!」とおっしゃっていたように(古いですか?;)、

本当に「今」なのです。

 

 

 

話は変わりますが、重大なニュースが発表されました。

(日本経済新聞より引用※くわしくはこちらをクリック)

名古屋市教育委員会は31日、市立若宮商業高校(天白区)の生徒募集を2019年度入学で終了し、21年度末で閉校する計画案を明らかにした。少子化で市内の生徒数の減少が見込まれ、商業科を希望する生徒が少ないことも背景という。市議会の教育子ども委員会で計画案を示した。同校は1学年6学級で、生徒数は約700人。閉校後は他校の普通科を中心に学級数を増やし、市全体で定員を調整するという。閉校後の跡地では、軽度な障害を持つ生徒が通う高等特別支援学校の開設などを検討する。委員会で市側は「卒業生のことを考えると重い提案だと思うが、時代の流れや将来を見越せばやむを得ない」と説明。ただ同校は定員割れはしておらず、市議からは「入試倍率も低いわけではないのになぜこのタイミングで閉校するのか」「学級数を減らしての対応はできないのか」などと慎重な意見が相次いだ。今後、市は議会の意見やパブリックコメントの結果を踏まえ、年内にも閉校するかどうか正式に決める。

 

決定ではないようですが、倍率も高く、需要も高いだけに今後が気になりますね。


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブと個別指導塾ピックアップでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る