メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

今日から変わる自転車のルール

名古屋市瑞穂区の個別指導塾

「個別指導のキューブ」

瑞穂校の土田です。

10月に入り秋も深まってきました。

自転車で走ると、ひんやりした空気が心地よいです。

 

さて、今日から自転車に関する愛知県の条例が改正されたことはご存知でしょうか?

重要な変更点があるので、すぐにチェックしましょう!

 

乗車用ヘルメットの着用及び着用促進

まず、ヘルメット着用の努力義務が追加されました。

自転車に関する交通死亡事故の約7割が、主に頭部を損傷して死亡しています。

しかし、ヘルメットを着けていなかった人としっかり着けて事故時に外れなかった人では

助かる可能性が4倍も変わります。

 

よって、これからは老若男女問わず

自転車に乗る際はヘルメットを適切にかぶり

もしものときに頭を守れるようにすることが必要です。

また、保護者の方は未成年のお子様へヘルメットを使うように努めなければなりません。

中高生の方も、自分を守るために登下校時以外もヘルメットをかぶりましょう。

 

自転車利用者へのヘルメットの着用を促進しましょう

未成年者の保護者に限らず

高齢者の親族もしくは同居者

自転車通学者または通勤者のある学校長および事業者

自転車の貸出業者および小売等事業者

交通安全関係団体等は

乗車用ヘルメットの着用に関する情報の提供、助言、啓発その他必要な措置を講ずるよう努めていきます。

 

自転車損害賠償責任保険等への加入及び加入促進

近年、自転車が加害者となる重大事故も見受けられ

莫大な損害賠償を請求されることも珍しくありません。

2018年には、当時小学校5年生の児童が衝突事故を起こし

被害者へ脳挫傷による重い後遺症を及ぼしたことで

児童の保護者に9500万円の賠償責任命令を下されました。

この他にも、自転車による交通事故で数千万円もの支払いを命じられたケースは多々あり

もし突然そのような額を払えと言われたらと思うと

自分や我が子の不注意が原因だとしても恐ろしいですね…

 

そこで、道路における自転車の利用によって他人の生命又は身体を害した場合に損害賠償を補償することができるよう

自転車損害賠償責任保険等への加入が必須になりました。

未成年者の保護者等、自転車利用者自身で契約できない場合も

その自転車利用者の利用に関する自転車損害賠償責任保険に加入しなければなりません。

まだの方はお早めに!

 

今回の法改正のより詳しい内容については、愛知県のホームページもご覧ください。

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/kenmin-anzen/aichi-cycle.html

 

私もヘルメットの着用を促進する立場になりそうですが

自転車で来る塾生はしっかりかぶってくるので現時点では言うことなしです◎

 

また、自分のヘルメットを探している最中です。

せっかくなら、機能性もデザインも良いものを選びたいですね!

蒸れにくいけれどスポーティ過ぎないタイプや帽子みたいな見た目もあり、色も迷いどころ。

シンプルなのも捨てがたい。

どれにしようかな?

面白いヘルメットあったら共有しましょう(^^)

「個別指導のキューブ」をホームページで詳しく見る!

LINEで質問・問い合わせをしてみる!


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブと個別指導塾ピックアップでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る