メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

全国で2番目に古いヴィレヴァン

海部郡蟹江町の個別指導塾

「個別指導のキューブ」

蟹江校の塾長 堀 です。

 

みなさん!遊べる本屋ヴィレッジヴァンガードはご存知でしょうか

よくイオンモールに入っている、ほぼ雑貨メインの本屋です。

「ヴィレヴァン」という愛称で親しまれています。

くすっと笑える黄色い店内ポップで有名なお店です。

 

ヴィレッジヴァンガードは全国に358店舗ありますが、

本店(1号店)が名古屋にあるのはご存知でしたでしょうか?

 

多くの人がイメージするのはイオンに入っているヴィレヴァンだと思いますが、

本店のように「路面店」と言われる、店舗型のヴィレヴァンが愛知県には3店舗存在します。

 

・・・いや、3店舗存在したというのが正しいでしょう。

 

というのも、1月最後の日曜に、全国で2番目に古い「イースト店」が閉店してしまいました。

25年前にオープンしたとのことで、当時は「サブカルの聖地」と呼ばれていたそうです。

長久手にあったこのヴィレヴァンは私も良く足を運んでおり、

正直、天白区にある本店より好きでした。

行くだけで秘密基地のようなわくわくを感じます。

その秘訣は建物を見て頂いたら一目瞭然!

 

 

入り口が2階!!

 

あそびごころがありすぎる!

階段を上って入り口にはいるのですが、2階のスペースはほんとにわずかで、

またすぐ1階に下ります笑

 

過去にヴィレヴァンの創業者の方の本を読んだことがありますが、

ヴィレヴァンで作業している時、はしごに上ったときの店内の見晴らしがよくて、

お客さんにも見てもらいたいと思ってイースト店は2階を入り口にした、

というようなことが書いてあった覚えがあります。(不確かですが・・・)

 

これがレジ横からの見晴らしです!

たしかに、この雑多なかんじを見渡せるのは楽しい!

自分のお店だったらきっと宝庫のように愛おしいでしょうね。

きっとこれもヴィレヴァン愛の現れなんだと思います。

 

創業者の方の思いがつまったこのイースト店は本当に愛されていて、

最終日には多くの人がお店の外や中を撮影していました。

いわゆるテレビカメラも取材で入られていました。

本来なら店内の撮影は許可が必要なものですしシャッター音が鳴れば盗撮を疑われますが

この日ばかりはほぼ撮影会でした笑

 

 

12月に閉店を発表して以来、お客さんからのメッセージがたくさん寄せられていました。

本当に愛されていたんだなあ。

 

最終日は駐車場にクラシックカーや大型バイクが停まっていたり、

一眼レフで撮影をしている人が何人かいたりで、

図らずも「サブカル」をお店の外側から体現しており最高でした。

かくいう私もフィルムカメラを構えていた人間です・・・笑

 

 

私は夜に行くことが多かったのですが、夜はジャズの流れる素敵な空間でした。

創業者の方はジャズのアルバムを売りたくてヴィレヴァンをオープンしたとか。

創業当時の想いをずっと受け継いできたからこそいろんな人から愛されていたのかも。

EXCITING BOOK STOREのネオンがおしゃれに光っています。

 

 

イースト店の写真展を開くクラウドファンディングもヴィレヴァンの公式が行っているくらい

ヴィレヴァンを語る上ではかかせない店舗だったことが分かります。

(もちろんきっちりサポートさせて頂きました。)

好きな秘密基地が一つ無くなってしまったようでさみしいですが、

これからは本店にたくさん通って第2の秘密基地にしたいと思います。

 

 

「個別指導のキューブ」をホームページで詳しく見る!

LINEで質問・問い合わせをしてみる!

 


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブと個別指導塾ピックアップでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る