メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

理科の勉強とは

個別指導のキューブ神の倉校 塾長の戸谷です。

 

最近理科離れが進んでいます。

理科系の体験施設などに行くと子どもたちは目を輝かせて楽しむので、理科系は好きな子が多いはずだったのですが、

理科が嫌いという子どもが多くなってきています。

どうしたら理科の理解が高まるのでしょうか。

理科は何を学んでいるかを考えてみましょう。

 

理科は化学、物理、生物、地学からなっていますが、基本的に全て身の回りで起きているものやあるものを学んでいます。

改めて教科書を開いて学ぶ必要があるのでしょうか。

私はずっと昔から疑問思っていました。

 

理科や社会はなんでも「へぇ~」「なるほど」と思うことが重要です。

そのためには「どうしてなんだろう」「不思議」と思えるようになることが不可欠です。

そしてその疑問を自分で知ろうとできる子は理科だけでなくどのジャンルにおいても強いはずです。

 

たとえばこんな感じで考えられるでしょうか。

雨が降っている→どうして雨は降るのだろう=天気

満月や三日月がある→どうして月は形が変わるのだろう=天体

 

こんな風に感じてほしいです。

これをさせられるかどうかは親御さんのご指導があってこそです。

与えすぎるとすべてが当たり前になってしまうので、流れてしまうかもしれません。

 

私たちは子どもたちに豆知識などを与えて興味を持ってもらうことが必要だと思っています。

今日は一つこんな話をしてみましょう。

天気予報で耳にする降水確率についてです。

降水確率30%と言われたら、雨が降る確率が30%だと思っている人がいるのですが、違います。

県内(地域)に観測所がたくさんあるのですが、例えば10か所中3か所で雨が観測されるという意味の30%です。

 

こういったことを知る機会は教科書以外の場であることの方がはるかに多いのですが、

疑問を持たずにスルーしてしまうか、足を止めて考えたり調べたりできるかで大きな差になっていきます。

その積み重ねが基礎学力であるのです。

 

もう今更どうしようもという方は神の倉校におかませください。

雑学攻撃で難攻不落の城を落として見せます。


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る