メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

神戸探訪その1

こんにちは!キューブ蟹江校の堀です!

少し前ですが、神戸に行ってまいりました!

親戚が神戸の方なんです。私は生まれも育ちも名古屋の方なので関西弁は全く話せませんが・・・。

前回神戸に行ったのも小学4年生のとき以来なのでほぼ記憶に無く、神戸とのゆかりは血筋しかないです。

10数年ぶりに行った神戸は魅力たっぷりの素敵な町でした!

今回神戸を少しだけ観光したので紹介していきたいと思います!

 

神戸といったら、江戸時代の後期に日本の開国時に神戸港として開港したことで、

いろんな国の文化が町中に溢れていることで有名ですよね。

今回は外国の文化が色濃くのこる北野エリアを紹介していきます。

 

【神戸ムスリムモスク】

いきなり超マニアックですね。笑

神戸出身の母でさえ入ったことのない建物です。

神戸はムスリムモスク1935年に建てられた日本最古のモスクです

空襲にも、震災にも耐え抜いたそうです!やはり大きな力が働いているんでしょうか?

 

館内はだれでも見学できます。短パンや短いスカート、露出の多い服はNGなので注意が必要です。

いつでも見学可能ですが、礼拝中は中には入ることができません。

中の礼拝堂は男女で場所が分かれており、男性は1階、女性は2階に上がります。

 

おおきなシャンデリア!豪華ですね!

そしてオレンジの窓から差し込む日の光から独特な雰囲気を感じます。

館内には観光客の方のほかに、イスラム系の方が休憩されていました。

 

向かい側は細い路地なので全景の撮影は無理でした・・これが限界です。

キリスト教教会はいくつか入ったことはありましたが、モスクは初めて入りました。

しかし、神様というものを信じて祈る場所ということには変わりなく、神聖な空気は教会そのものでした。

 

【風見鶏の館】

はい、いきなり超メジャーですね。笑

ひたすら山に向かって坂を上り続けるとございます。

ちなみに神戸は北は山、南は海というとてもわかりやすい地形をしているので、

神戸の方たちは北のことを山側、南のことを海側と呼ぶそうです!

三宮にあるDAIMARUには館内の案内にバリバリ「山側・海側」という表示がございます。

これぞ神戸の方の神戸愛ですね。

 

 

これこれ!これぞ神戸!

 

ゴシック風のこの洋館はドイツ人貿易商ゴットフリート・トーマスさんの自邸です。

 

トーマスさんはこの風見鶏の館に移り住み5年ほど過ごしたあと、一時的にドイツに帰ったのですが、

この一時帰国中に第一次世界大戦が起こり、日本に戻ってくることができなくなり、

この館だけが日本に残ったという背景があります。

 

こちらは食堂です。

気の壁の模様が凸凹していますね。これはドイツの城をイメージしたデザインだそうです。

そして天井のシャンデリア!これは・・・王冠のモチーフ!

なんておしゃれで遊び心が溢れていて故郷の愛が詰まっているのでしょう!

 

館内ではこんな感じの解説をしてくださるボランティアの方がいらっしゃいます(すべて受け売り)

雰囲気を楽しむだけでなく、ガイドがあると一層興味がわきますね。

神戸観光をする際は歴史などを事前に調べてから行くとさらに楽しめると思います!

 

まだまだ紹介したいものはたくさんありますが、今回はここまでにしたいと思います!

次回作にご期待ください!笑

 

 


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る