メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

英語の豆知識! ~友達にも教えてみよう~

海部郡大治町の個別指導塾

「個別指導のキューブ」

大治校の大谷です。

こんにちは!いよいよ明日から甚目寺南中学校と大治中学校の後期第一回テストが始まります!

最後まで全力でサポートしていきますよ!

今回のブログの内容は「これ知ってた⁇  友達に話すと面白い知識‼︎」についてです!

その中でも「英語」を取り上げていきます!



中学校の英語の授業で「助動詞」を習います!

この「助動詞」は入試にもよく出てくる問題で内容をしっかりと理解していないといけない問題の一つです!

今回はこの「助動詞」の中の「have to」と「must」の違いを説明しましょう!

学校ではどちらも「〜しなければならない」と習いますよね‼︎

でもこれ、諸外国間違った受け取られ方をしてしまうのです!

まず、「have to」についてです!

こちらは、個人的な感情はなく、ルールなどで義務的にやらなきゃいけない時に使います!

例文)We have to study!!

明日がテストの時などに使いますね‼︎

テスト前だと義務的に勉強しないといけないからですね‼︎

次に「must」についてです!

こちらは、強い主観的な意見を持ちます。そして、強制させるニュアンスがあります!

例文)You must study!!

保護者の方がよく使っちゃいそうなセリフですね

ついでに「否定文」についてもみときましょう!

「don’t have to」は「やる必要がない」

例文)You don’t have to study!

明日がテスト無くなった時などに使いますね!

次に「must not」は「やってはいけない」

例文)You must not study!

このセリフは一度は子どもたちに言ってみたいですね!

どちらも「〜しなければならない」という使い方でも別の意味で伝わってしまうことはあるようです!

文法は使い方を学ぶことで問題が解けるのです!その前に英単語が完璧でないといけません!

CUBEでは「日英対訳テキスト」を使い、教科書の文章をまず暗記する!ことを行っています!

文章を暗記していく中で英単語の使い方を学んでいくことになります!

正しい勉強のやり方を知りたい方はぜひ一度無料体験学習へお越しくださいませ!

下記のURLからも無料体験学習の予約ができます!

https://www.cube-jyuku.com/classrooms/oharu/

お待ちしております‼︎

「個別指導のキューブ」をホームページで詳しく見る!

LINEで質問・問い合わせをしてみる!

 


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブと個別指導塾ピックアップでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る