メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

雑学!! 知っていると面白そう!?

海部郡大治町の個別指導塾

「個別指導のキューブ」

大治校の大谷です。

こんにちは!雪も降り始めて寒くなってきましたね

今回のブログの内容は「雑学! これの違い知ってた?」についてです!

このブログを持って年内最後になります!

気温もグッと下がってきましたね!寒いですよねぇ〜
寒いと言えば地球上で最も寒いところはどこですかね?
北極?南極?どちらでしょうか?
皆さん、北極と南極の違いはお分かりでしょうか?
この違いを子ども達にすれば面白い反応が見られると思います‼︎
その違いを一部お教えしましょう!


1、北極には大陸がない!?
世界には六つの大陸がありますよね?
ユーラシア大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、アフリカ大陸、オーストラリア大陸、そして南極大陸があります。
北極には大陸はありません!
北極のほとんどは「海」であることです!

南極大陸は6大大陸の一つですが、北極は北緯66度33分より北のエリアのことであり、カナダやアイスランド、ロシアなど8カ国の領土の一部が含まれているのです。
北極点など、各国の領土以外の部分は海で、その上に氷が張っています!

2、寒さも違う!?
北極と南極どちらが寒いと思いますか?
答えは「南極」なのです。
北半球、シベリアのオイミヤコンの最低気温は-71度に対して、南極(ボストーク)の最低気温は-89.2度です。
なぜ南極の方が寒いのでしょうか?
一つ目の理由は、北極と南極では高さ(標高)が違います。北極の氷の厚さは最大で10mぐらい。
しかし、南極の平均の高さは約2,500mもあります。高い山のほうが寒いですもんね。

二つ目は、南極は大きな大陸であることです。
北極に陸地がなく海や氷がひろがっています。これは上にも書いてある通りですね!
しかし、南極は大きな陸地があります。
海と陸を比較すると、海は冷たくなりにくいのです。南極でも海の近くより内陸の方が寒いということです!
また、南極の周りには冷たい海流である「南極還流」と呼ばれる冷たい海の流れが大陸の周りに流れており、
これが周囲の温かい暖流を跳ね返すので、それに伴い、地上の気温も下がってしまうのです。
ちなみに、北極圏は暖かい海流が流れます。そのため気温も下がりにくいのです。

北極と南極の温度の違いは上記で述べた「高さ(標高)」と「海流」によっても違うのです。

3、生息する動物の違い
北極圏はほとんどが海ですが周りには大陸があります。
北極圏の陸地は南極より暖かく、植物も多いため、数多くの動物が生息しています。
例えば、ホッキョクグマ、トナカイ、オオカミ、クジラ、アザラシです。

それに対して南極は乾燥した地域でもあり、生息する動物は少ないのです。
例えば、ペンギン、シャチなどです。

ちなみに、北極にはペンギンはいません。
ペンギンは南半球に生息しています!

どうですか?一部だけご紹介しました。
こういった雑学を知るだけでも日常生活は楽しくなります!
ぜひお子様にも教えてあげてください!

個別指導のキューブ大治校は12/29~1/3まで休校となっております。
この期間のお電話・メールはご対応ができかねますのでご了承くださいませ。
大治校は1/4の10:00~開校しております。お気軽にお立ち寄りくださいませ。

「個別指導のキューブ」をホームページで詳しく見る!

LINEで質問・問い合わせをしてみる!

 


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブと個別指導塾ピックアップでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る