メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

iPhone13発表!

海部郡蟹江町の個別指導塾

「個別指導のキューブ」

蟹江校の塾長堀です。

 

iPhone13が発表されましたね!

 

 

今回はiPhone13、iPhone13mini、iPhone13Pro、iPhone13ProMAX

というラインナップですが、公式サイトを見るとどの機種もカメラ精度に力をいれているようです。

 

 

どうやら超広角カメラが改良されて暗い場所で超広角モードを使用してもきれいに写るみたいです。

 

私はiPhone11を持っているのですが、超広角モードだと普段のモードよりも色々と劣っていたんですよね。

超広角で撮影するとダイナミックな写真が撮れて非常に良いのですが、画質の面で明るい場所でないと粗さが目立ってしまっていました。

(iPhone12は分かりませんが)iPhone13だとこの粗さがなくなるということなんでしょうか!

 

iPhone11は新しくカメラが2つ(proは3つ)付き、話題になった超広角もポートレートも画角やボケこそは今までのスマホを上回っていましたが、精度はいまいちに感じていたので結局iPhoneのカメラを使う機会は今までと変わらずでした。

iPhone13の公式サイトはカメラの改良をこれでもかというほど全面に押し出していたのできっと妥協のない写真が撮れるのでしょう・・・。

 

iPhone13Proシリーズはサイトを見たかんじ、

動画撮影のクオリティを重視しているようです。

最初はフルスペックで24万円と聞いて一体誰が何のために使うんだ!と思いましたが、YouTuberなど自身で撮影した動画で収入を得るような人向けなんだと思いました。だとしたら1TBという謎の容量のデカさにもうなずけます。

iPhone13Proでは写真もビデオも光を多く取り込めるため今までより暗がりに強い仕様になっており、

さらにマクロでは被写体との距離を2㎝まで近づいて撮影できるうえにそれがビデオでも可能だそうです。

 

カメラを趣味とする自分から言わせてもらうと、

レンズを付け替えずにマクロと広角と望遠を切り替えられるのはめちゃめちゃ便利です。

どうしても写りを考えるといろんなレンズを用意する必要があって、

以前私が友人のポートレート撮影をした際には、レンズを4つ、カメラを2つ持っていきました。

それが一つのスマホでできるのならかなり便利です!!!

(ただ、自然なボケ具合がiPhoneだと完全に劣るので私はカメラを使い続けます。)

 

最近はiPhoneで撮影した動画がテレビでも使われたり、さらには映画まで作成されているので、プロの世界でもiPhoneのカメラが認められているようです。

未来のiPhoneはいったいどのようなスマホになっているのでしょうか・・・。

 

 

「個別指導のキューブ」をホームページで詳しく見る!

LINEで質問・問い合わせをしてみる!

 


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブと個別指導塾ピックアップでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る