メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

日本語と英語における数字の区切り方の違い

みなさんは、例えばテレビやなんかで「100万」というのを「1,000,000」と書くように、数字をカンマで区切っているのを見たことがありますか?

あるいは、数字を扱う業種で働いている方なんかは実際に使っている方も多いと思います。かくいう私も、領収書に「¥1,000」という書き方をしたりします。

さて、このカンマは、数字を3つごとに区切っています。つまり、日本語で言うと、千の位、百万の位、十億の位、一兆の位……といったところで区切っているわけです。

……うーん、中途半端。

どうせなら「1000,0000,0000」みたいに四つずつに区切ってくれたら分かりやすいのに……と思われた方も多いのでは?

 

実は、この区切り方は、英語基準の数え方に基づいているのです。

英語では「one, ten, hundred」「thousand, ten thousand, hundred tousand」「million, ten million, hundred million」「billion, ten billion, hundred billion」……といた具合で、三桁ずつの区切りで数えていきます。ゆえに、数字のカンマは4桁ずつではなく3桁ずつ入れられているのです。


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブと個別指導塾ピックアップでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る