メニュー
無料体験学習のご予約

ブログ

BLOG

風邪のひき始め対処法

愛知県海部郡大治町の個別指導塾

「個別指導のキューブ」

大治校の前田です。

 

 

突然ですが、病院で「風邪でしょう」といわれた経験は、誰にでもあるのではないでしょうか。

しかし実は「風邪」は通称で、正式な病名ではありません。

風邪とは、のどの痛みや鼻水、咳、場合によっては発熱などを伴い、多くは命に別状はなく、数日で治る症状をいいます。

風邪をひかないようにするためには、普段から規則正しい生活、バランスのとれた食事、十分な睡眠を取り、免疫力を高めておくことが大切です。

また、風邪をひいたかな、というときでも、初期段階で早めに正しく対処すれば、ひどくなる前に治ることもあります。

次のような過ごし方をしている人は、風邪を引いたときにこじらせやすいといえます。

  • ・普段から睡眠不足気味であり、風邪をひいてもあまり睡眠が取れない
  • ・普段からダイエットをしていて栄養バランスを欠いている
  • ・風邪をひいたら、スタミナをつけようとステーキやカツ丼などを食べる
  • ・寒気を感じても、厚着など暖を取ることはしない
  • ・水分をあまりとらない
  • ・最近、転勤や引っ越しがあり、生活が大きく変わった
  • ・最近、とても忙しくなった

 

<もし風邪になった場合の対処法>

・長く良質な睡眠を

風邪を治すには、何といっても睡眠が大切です。いつもより長い、十分な睡眠時間を確保する。

また、本人がリラックスできる環境を整えることで、熟睡できるようになる。

 

・食事は消化の良いものを

バランスの取れた食事をとることが大切ですが、食欲が落ちている時は無理に食べないようにする。食べ物を消化・吸収するのはとてもエネルギーを使うため温存すべき体力が低下してしまいます。スタミナをつけようと、ステーキなど消化の悪いものを食べるのは逆効果です。

 

・体を温め、効果的に熱を上げる

風邪の初期症状の一つである悪寒は、熱が上がる前のサイン。生体反応として、体が熱を上げるシステムを作動させようと、筋肉を震えさせて熱を生み出そうとしているのです。この段階で体を温めてあげると、免疫力が高まり、ウイルスを撃退しやすくなります。
大きな血管が集まっている3つの首=「首・手首・足首」を温めると効率的に体温が上がるので、ここをカバーできる服装をしましょう。しょうが湯など、体が温まるものを飲むのも効果的です。
また、「風邪のとき、お風呂に入ってもいいの?」とよく聞かれますが、38度以上の熱があったり、体がぐったりしているときを除けば、入っても問題ありません。体を温めるという意味では、風邪の回復を早めることにもつながるでしょう。ただし、高い温度の湯に長く浸かると体力が消耗するので控えて。また湯冷めしないよう、十分気をつけてください。

 

他にも水分をしっかりと取る。乾燥を防ぎ、加湿する。

以上のことから、少しでも風邪っぽいと思ったら様子を見て医療機関に受診をしに行きましょう!

 

今の時期ではコロナが怖いと思いますが、私たちの塾ではコロナ対策をしっかりとしており一人一人真剣に向かい合い勉強を教えています。

ただ勉強を教えてるのではなくキューブのやり方で生徒たちは、のびのびと自ら勉強をしています。

無料体験をしているのでキューブの勉強方法を一回学びに来てみませんか?

 

「個別指導のキューブ」をホームページで詳しく見る!

LINEで質問・問い合わせをしてみる!

 


無料体験学習の
お申込はこちらから

個別指導のキューブと個別指導塾ピックアップでは、無料の体験学習を予約制で実施しております。
実際の授業の雰囲気を体験しながら一緒に学習してみよう!

365日いつでもWebからご相談!
Webからのお問い合わせはこちら
フリーダイヤルから電話でご相談!
0120-965-152 受付時間 : 9:00〜18:00 (日曜・祝日休構日)
ページ上部へ戻る